化粧品は完全無添加が肌には安心

化粧品には様々な成分が入っており、実際に肌に必要なものだけではなく、保存料や香料といった、商品をより魅力的にするために配合されているものもあります。 しかし、それらの中には、実際は肌にあまり良くなく、毎日使っている内に少しずつ肌にストレスを与えていく成分もあります。

そのため、「無添加」の化粧品を使う方もいます。 無添加と聞くと、「安心」と感じる方も多いと思いますが、実はメーカーによってその基準は様々です。 保存料や香料が入っていないだけで「無添加」と表示するメーカーもあれば、実際に完全に無添加の製品を取り扱っているメーカーもあります。

しかし、2001年から、化粧品の成分を全て表示させることが義務となりました。 そのため、完全無添加の化粧品を探している方は、成分をよく確かめ、完全に無添加なのがどうかを見極める必要があります。 外側だけでなく、内側も更に綺麗になれるよう、よく見極めて安心、安全な化粧品を使うことがお勧めです。

ページのトップへ戻る